『自動販売機』(一護、高校生。冬獅郎、園児)

とても天気のいい昼下がり、一護は先程からずっとうんうん唸りながら、眉を寄せて真剣な顔をしている冬獅郎を見下ろしていた。

『ほら!冬獅郎!早く決めろって!電車来ちゃうぞ!』
『うー…ぅん』

今日は2人で冬獅郎の新しい帽子を買ってやろうと、少し離れたアウトレットモールへ行く予定だった。
そのために電車に乗って行くのだが、駅まで二人で歩いてホームまで降りたとき、冬獅郎が『のどかわいた』と言い出した。
確かに今日は少し暖かい。
しかし、夕方は冷えるので、いつものように厚着させたのだが、ここまで来るのにすっかり体が暖まってしまったようだ。
一枚薄着にした一護でさえ、少し暑いと感じていた。
そこでホーム内にある自販機を見付け、冬獅郎に飲みたいものを選ばせているのだが……。

自販機の前で、ジュースをどれにしようか真剣に選ぶ冬獅郎。
どうやら、リンゴジュースにするか、桃の甘ったるいジュースにするかで悩んでいるようだが、早くしないとそろそろ電車が来てしまう。

『決まったか?』
『えっと…いちごはなににするんだ?』
『俺はいいよ。お前好きなのにしていいぞ。残ったらもらうから』
『うん…じゃぁ…』

もう一度冬獅郎の視線が自販機へ戻ったとき、ホームにアナウンスが響いた。

『あ!冬獅郎電車来ちまう!ほらどれにすんだ?』
『え…、うんと……、じゃあ、あれ!』

ちっちゃな腕を思いっきりのばして指差すが、遠すぎてよくわからない。
一生懸命背伸びしてくれるが、どれを指しているのかは不明だ。

『どれ?』
『あれ!赤いやつ!』

どうやら、みずみずしい赤い果実の絵が描かれたリンゴジュースにするらしい。
一護は小銭を入れ、リンゴジュースのボタンを押そうとしたが、

『おれがおすの!いちごだっこ!』
『えぇ!ったく…早くしろよ!』

アナウンスも終わり、ベンチに座っていた人々も立ち上がって、ホームの端へ集まってきている。
もたもたしていては乗り遅れてしまう。
次の電車は各駅停車なので目的地まで時間がかかるし、そもそも、次の電車が来るまでの数分を待つのが嫌だった。
そんなことはおかまいなしに、抱っこしろと一護の足に纏わりつく冬獅郎。

一護は、小さな軽い体を抱き上げて、自販機の一番上段にあるリンゴジュースのボタンに冬獅郎の手が届くように近づけてやった。

『なぁ…いちご!やっぱりももがいいかなぁ…』

ここに来て迷いだした。
近くでパッケージを見ることの出来た冬獅郎は、おいしそうに缶に描かれた桃の絵に心を惹かれているようだ。
轟音と共に、電車が駅へ入ってくる。

『どっちでもいいから早く!あ!電車来た!』
『いちご!とどかないぃ』

電車がホームに滑り込んできたのに慌てた一護は、思わず振りかえってしまい、冬獅郎の手から自販機が遠ざかる。
体勢を戻し、『ごめん』と謝りながら、もう一度冬獅郎の体を近づけてやると、うれしそうにボタンに手を伸ばした。
だが、一緒に足までばたつかせてしまったため、冬獅郎の靴の先が、自販機の3段あるボタンのうちの一番下のホットのはちみつレモンのボタンに当たった。

ガタンと音がして、ペットボトルのはちみつレモンが転がり出てきた。
冬獅郎は、押そうとした桃のジュースのボタンの明かりが消えてしまったのに驚き、一護を振り返る。

『いちごー!おせないよぉ?』
『あぁ!もう…お前の靴があたっちまったんだよ!もうこれでいいな!電車乗るぞ!』

一護はそう言って、自販機で暖められたはちみつレモンを取り出し、冬獅郎を抱えたまま電車に飛び乗った。
一護の背中ですぐさま扉が閉まり、電車は動き出した。

『ふぅ…間に合った…』

中途半端な時間というのもあり、車内はガラガラで、手近な座席に冬獅郎と並んで座る。

『いちご、ジュースは?』
『ほれ…あ…これホットだった。これでいいか?』
『え…!やだ!もものは?こんなのやだよお!』
『仕方ねえだろ?お前の靴がボタン押しちまったんだから…』
『おれじゃないもん!おれおしてないもん!』
『でも、これしかねぇんだから我慢しろよ…』
『やだ!いらない!』

ぷぅっとほっぺを膨らませてすねてしまった。
冬獅郎は一護から顔をそらすと、靴のまま座席によじ上って、窓枠に手をついて窓の外の流れる景色を見ている。

『こら!靴は脱げ!』
『やだ!』

暴れる冬獅郎の足を引っ掴んで靴を脱がせ、座席の下にそろえて置くと、一護は手の中にあるはちみつレモンのペットボトルを開けた。
一口飲んでふぅっと息をついた。
温かいが、甘くて少し懐かしい味のするそれは、乾いていた喉を潤してくれた。
一護はちらりと冬獅郎を見ると、ペットボトルを差し出し、一応聞いてみた。

『お前も飲むか?』
『いらないもん』
『うまいぞ?』
『いらない!』
『…ったく』

すっかりご機嫌斜めになってしまっ子供。
窓の外に神経を集中させようとしているようだが、一護の手の中にあるはちみつレモンが気になるようで、一護はちらちらと視線を感じる。
もう一度、飲むかと聞いて見ようと思ったが、どうせいらないと答えるだろうからと、放っておいた。
一護は久しぶりに飲んだはちみつレモンが、結構美味しく感じていたので、少しずつ飲んでいたのだが、半分程になったところで冷めてしまったのもあり、一気に飲んでしまおうかと蓋を開けて口に運ぼうとしたときだった。

『…あ!』

かわいらしい悲鳴が聞こえた。
ふと見ると、冬獅郎が窓から体を離し、一護が飲んでしまおうとしていたジュースをじっと見ている。
眉はへの字になって、手を握りしめて今にも泣きそうな顔だ。

『なんだ…お前、飲みたいのか?ほら…』
『い…いらないもん…』

いらないと口では言いながら、先ほどまでの勢いはなく、声がだんだんと尻すぼみになっていく。
一護は少し意地悪っぽくにやりと笑い、わざとボトルを口に近づけた。

『じゃあオレが飲んじまうからな』
『……』

なにも言わず目に涙を浮かべて一護をにらむ冬獅郎。

(泣くほど欲しいのかよ…)

半ば呆れつつ、いったん開けたふたを閉め、座席にちょこんと体育座りしている冬獅郎を抱き寄せた。
そして、小さな両手にはちみつレモンを持たせて、にこりと笑いかけた。

『うまいぞ?』

と言ってやると、一護をじっと見上げてから飲み始めた。
相当喉が渇いていたようで、ペットボトルの中身はみるみる減って行く。

『ふぁ…』

可愛く息を吐き出し、ボトルから口を離す冬獅郎。
先ほどまでの拗ねた様子はどこへやら、すっかりご満悦な様子で一護を見上げ、嬉しそうにはちみつレモンを持ち上げている。

『いちご!これおいしー!なんのあじ?』

初めての味に感激したようで、興奮気味で訊ねてくる。
そういえばこいつに飲ませた事無かったな…と想いながら、一護は冬獅郎の頭をくしゃりと撫でた。

『はちみつと、レモンを混ぜたやつだよ』
『れもん?すっっぱくないよ?』
『はちみつは甘いだろ?混ぜてやるとな、レモンのすっぱいのが消えるんだ』

適当に説明してやると、感動したように『はちみつはまほうなの?』
と嬉しそうにに聞いてくる。
それに再び適当に相づちをうっていると、すっかりはちみつレモンが気に入った冬獅郎は、残った液体をごくごくと一気に飲み干してしまった。

足りなかったのか、美味しかったからなのか、もっと欲しいとせがませたが、車内では買えるはずもないので、降りてから買ってやることにした。
レモンと蜂蜜を買って帰って作ってみるのもいいかもしれない。

車内はだんだん混雑してきたので、一護は冬獅郎を自分の横にきちんと座らせて靴を履かせた。
はちみつレモンのおかげですっかりご機嫌の冬獅郎は、一護と手をつなぎながら目的の駅までおとなしくしていてくれた。
空のペットボトルを大事そうに抱えている姿が可愛らしい。

大人しく座っているご褒美に、駅に着いたら真っ先にはちみつレモンを買ってやろうと思った。
一護は冬獅郎に微笑みかけた。
冬獅郎一護を見上げて満面の笑みを浮かべた。