『おむかえ1』(一護、高校生。冬獅郎、園児)

『オレ…バイトするわ…』

椅子の背もたれに全体重をかけ、ため息と共につぶやきを吐き出した一護の目の前には、家計簿を真剣に見つめながらうんうん唸る遊子。
隣には何十種類という旅行パンフレットの中から、なんとか予算内の格安パックをと、必死の形相で漁る夏梨と一心。

そして少し離れたリビングの床には、高額で手の届かなかった旅行のパンフレットで、なにやら折り紙のまねごとをしているご機嫌な冬獅郎。
黒崎家の4人が頭を抱えているのはこの無邪気に旅行パンフレットを折ったり広げたりしている子供が原因だった。

事は数日前に遡る。

来月に控えた大きな連休に、家族全員で3泊程度の旅行をしようと言い出したのは父親。
普段は自分が病院を経営していることもあり、なかなかまとまった休みもとれない。
去年までは別に誰も旅行などと口に出すことも無かったし、日帰りでどこかに遊びに行けばそれで満足だったのだが。
一心はそれなりに、そんな子供達を気にしていたようだ。
そんな中、昨年この家にやってきた冬獅郎。

先日、冬獅郎を含めた5人で大型のショッピングモールへ買い物へ行った時のこと。
この家に来てもうすぐ1年になろうというのに、未だに一護以外には何かと遠慮しがちな冬獅郎が、旅行代理店の前で立ち止まり、壁一面に貼られた、雲の上を飛ぶ飛行機の写真をキラキラした目で見上げ、『あれ!乗りたい!』と珍しくも大きな声を上げ指差した。
そのまま冬獅郎は、一護のトレーナーの裾を引っ張りながらその写真の元へ連れて行き、乗りたい乗りたいと繰り返した。

普段は滅多に見ない冬獅郎のその興奮した姿に、一護は驚いてただ『あぁ…』と答えるだけだったが、遊子や夏梨までもが乗ってみたいなどと言い出した。
良く考えると、一護は修学旅行で乗った経験があったが、遊子も夏梨も飛行機には乗った事が無い。
しばらく後ろで傍観していた父親が、それならみんなで旅行に行こうと言い出した。

善は急げと、あれこれパンフレットをかき集め、南に行きたいだの、北で今有名な動物園に行きたいだのとそれぞれが自分の意見を言い合いながら家に帰った。
海外は予算の都合でさすがにムリだったので、国内で…と早速家に帰った一行はパンフレットを広げ、物色を始めたのだったが……。

黒崎家は、それほど家系が苦しいわけではない。
だが、今まで自分からあれが欲しい、どこへ行きたいなどと言ったことの無い子供達だったし、何よりもこの家に来て初めての、冬獅郎からのおねだりに父親を初め、全員がせっかくなのだから…と出来るだけいろいろなプランを盛り込もうとした結果、想像を多少超えた出費になりそうだ…ということだった。
飛行機に乗らず近場で済ませれば、全員の意見を聞き入れられるところはいくらでもあるのだが、肝心の冬獅郎のおねだり「飛行機に乗りたい」が達成されなければ意味が無い。

ああでもないこうでもないと頭を悩ませた結果、何ヶ月か貯金すれば簡単に解決できそうなことは判明したが、大きな連休は来月に迫っていたし、その先何があるか分からない。
その上、冬獅郎の興味があるうちに飛行機に乗せ喜ばせてあげたいし、それで家族ともっともっと打解けてほしかったから、急ぎたかったのだ。

仕方が無い、と旅行の日程を短くするしかないかと遊子が呟いた顔があまりにも寂しげで可哀想で、一護はいたたまれなくなった。
そこで思いついたのが、「自分がバイトすること」だった。
もう高校生だし、友人の中ではバイトして小遣いを稼いでいる者も少なくは無かった。
旅行代金は現在の貯金を切り崩し、減った分は一護が稼いで貯金に戻す…という考えだ。

『おにいちゃん…そこまでムリしなくても…』
『だいじょーぶだって!心配すんな!バイトの一つや二つ…』
『そうじゃなくて…』

一護が自分の考えを話すと、遊子が心配そうに兄の顔を覗き込んだ。
不安を口にした遊子の視線の先には、旅行パンフレットで紙飛行機を作って飛ばす冬獅郎の姿。
飛行機に乗るのが楽しみで仕方ないといった様子で、飛んで行った紙飛行機をとてとてと拾っては飛ばし、リビングを走りまわっている。
そんな様子を見ながら、一護は多少の不安はあるものの、どうしても冬獅郎の願いを叶えてあげたいと思う。

『まぁ…しばらくは我慢してもらうよ…こいつの為だしな』
『うん…でも…』

遊子の心配も分かる。
何しろこの子供は一護にしか懐いていない。
家族にはだいぶ慣れてはきたが、慣れた…という程度で、完全に心を許していないのは誰もが知っていた、
早く全員に慣れてほしいが、急いでどうこうなるものでもない。
今回のこの旅行は、いい機会だとも一護は思っていた。
少しは自分のいないこの家に慣れてもらい、更に旅行でみんなと、もっと仲良くなれれば…という希望が込められている。

『ま、とにかく明日からバイト探すよ』
『うん、ごめんねおにいちゃん』
『すまんなー一護!父さんがもっと稼いで貯めておけば…冬獅郎くんのことは心配するな!父さんが全身全霊で毎日可愛がっておくからな!』
『それはヤメロ…』

そうして、なんとか当初決まりかかっていたプランで旅行を申し込むことに決定し、一護は早速翌日からバイト探しを始めることとなった。
駅前やコンビニで求人雑誌を探し、良さそうな何件かに電話をして面接を取り付けた。
日にちと時間を決め、放課後面接に行く事にした。
今日はレストランのアルバイトの面接だった。
結果は後日電話連絡ということで、一護はすっかり日が暮れた帰り道を急ぐ。
そんな一護のバイトの面接のことなどつゆ知らず、帰りの少し遅くなった一護に、ご飯を食べないで待っていた冬獅郎が満面の笑みで抱きついた。

『おかえりぃ!いちご』
『ただいま』
『いちごぉ…おなかすいたー』
『悪ぃ…遅くなってごめんな?』
『はやく!はやくくおう!』
『はいはい…待ってろ着替えてくっから』
『うん』

元気に返事する冬獅郎の頭を撫でて一護は着替える為に自室へとむかう。
その後ろからちょこちょことついてくる冬獅郎が、たまらなく可愛らしい。
(オレがバイト始めたらこいつほんとに大丈夫かな…?)
やはり、あまりにも自分にべったりなこの子をほったらかしにするのは気が引けたが、別に家にひとりぼっちにさせる訳でもないし、毎日働く気もなかったから大丈夫だろうと自分に言い聞かせた。
(あんまり過保護にしすぎるのも良くないしな…)

一護が着替えている間も、とたとたと一護の周りを走り回り、一護の脱いだ制服を引っぱり回している。

『こら!冬獅郎!しわになるだろ!返せ!』
『やだー!』

追いかけて制服を取り上げても冬獅郎は拗ねるでもなく、今度は一護の足に抱きついてきて、くりくりした大きな瞳で見上げ、

『ごはんー!』

と急かしてくる。
あまりに可愛らしくて、一護は思わず抱き上げると、冬獅郎のふわふわのほっぺにキスをした。

『えへへ…くすぐったいー!』

むずがりながら笑う愛らしい姿に、一護も微笑んだ。

二人きりだとこんなにもよく笑うし、元気もいいのだが、他の誰かが混じったり、通っている幼稚園では、なぜあんなにも人見知りなのかが不思議だった。
一護的にはこんなに可愛らしい、愛しくて仕方ない子が自分だけになついてくれるのは嬉しかったが、いつまでもこのままではいけない、とも思っていた。
そんなことを考えながら、一護は冬獅郎を抱き上げたままリビングへ降りて行く。
少し遅い夕食を済ませ、冬獅郎の明日の持ち物を整えてやっていると、鞄の中から一枚の絵が出てきた。
相変わらずの画伯っぷりだったが、真っ青に塗られた背景の真ん中にグレーの飛行機らしき者が描かれている。
その絵を見た一護は更にアルバイトへの意欲を燃やすのだった。

翌日、家からさほど遠くないファミレスから、先日の面接結果の電話が入った。
結果は採用で、早ければ明日からでも研修に来てほしいという。
一護は電話の向こうの店長に、承諾した旨を伝え、電話を切った。
面接をしてくれたその店の店長は、とても優しそうな人で、一護は働くならここがいいと思っていたので、嬉しかった。
だが、やはり初めてのアルバイトに期待と不安が入り交じる。
足下を見やると、冬獅郎がしっかりと一護のズボンを握りしめ、何事が起きたのかと不安そうにじっと視線を送ってくる。

一護はしゃがんで冬獅郎の小さな両肩に手を乗せ、顔を覗き込んだ。
冬獅郎はきょとんとした目で一護を見つめ返してくる。
一護はゆっくりと言い聞かせるように口を開いた。

『冬獅郎、オレ明日からアルバイトするんだ。』
『?あうばいと?』

初めて発音する言葉がうまく言えないところが可愛らしい。
首を傾げ、その言葉な何だという視線を向けてくる。

『ああ、だからな帰りが今までより遅くなっちまうんだ。冬獅郎いい子だから、遊子と夏梨と一緒に遊んでてくれな?ちゃんと飯も食って、風呂にもはいるんだぞ?』
『…うん?』

なんだか良く分かっていない顔だが、いい聞かせられて返事だけはした。
アルバイトは、学校が終わってからのシフトなので、帰りはどうしても遅くなってしまうし、食事補助もあるという話なので、一護はバイト先で夕食をとるだろうと考えていた。
今までは、学校の用事で遅くなったりしていても、冬獅郎は一護を待って一緒に食事していた。
一護と一緒でなければ食べない、という訳ではないが、遊子の話では言い聞かせるまでなかなか大変なようで、食べ始めてもほとんど残してしまうと言う。

なんだかとてつもなく心配になってきたが、その多大な不安をかみ殺し、一護は次の日に備え早めに寝ようと思った。
仕方が無い。
このまま一護が面倒見続けていては、自立出来ない子になってしまう。
自分からまず子離れしなくては…と一護は大げさにうなだれた。

『いちご…あしたおとまりなの?』
『え?いや…違うんだ』

自室に戻り、冬獅郎をパジャマに着替えさせていると、冬獅郎が来たばかりのパジャマの裾をきゅっと掴み、一護を見上げて質問してきた。
どうやら半年程前の自分の「お泊り保育」のようなものに一護が行くのかと聞いているらしい。

『泊まりはしないよ。ちょっと帰りが遅くなるだけだからな?ちゃんと帰ってくるよ』

安心させるように頭をポンポンと叩くと、両手を自分の頭に乗せ『へへ…』と笑う冬獅郎。

冬獅郎が理解しているかは定かではないが、とにかく明日からバイトが始まる。
期待と不安、そして大きな心配を抱えながら一護は冬獅郎を寝かせ、明日の宿題に取りかかるために自分の机に向かった。